未分類

仮面ライダービルドに学ぶ「差別化」

仮面ライダービルドの差別化

仮面ライダービルドを見ていますか?

かっこいいですよねー。あれ。

 

知らない人に説明しますが、

昭和のいわゆるライダー1号とかは

飛んで、ベルトの風車?を回せば変身できた。

そして強かった。

 

ビルドはそういう概念ではなく

二つの要素を化学反応させて変身しています。

(※例外多くありますが、あくまで初期ビルドということで 笑)

 

最初に出てきたのがラビットタンクというフォーム。

ラビットの跳躍力とタンク(戦車)の破壊力を融合させているのです。

 

跳躍だけなら他にすごい奴たくさんいる、破壊力だけなら他にもいる。

だろうけど

跳躍力あって破壊力もあるとなるとビルドしかないという、

差別化みたいな。

 

ライダーだって差別化している。ネットで生きていくため僕らも差別化だ!

ライダーだって差別化していってるんです。

こうやってネットでいろいろやっていこうという私は

普通にやっててアクセス無いとか言っちゃって

これじゃいかんよなという話。

 

えー私も差別化してるし―。私だって

なんかしょうもないことを書いてる、発達障害持ち、アラフォー

いろいろ要素がある。

 

ベストマッチを探す

でも仮面ライダービルドに話戻しますけど

適当に2つ合わせてるんじゃなくて

ベストマッチという最高の相性ペアという概念があります。

 

私の

・しょうもないことを書いてる

・発達障害持ち

・アラフォー

これは果たしてベストマッチなのか。

 

なんか複数合わされば差別化ですよ―とか

自己満足しても仕方ない。

いろいろ考えて、いろいろ組み合わせて

読者の方に届くベストマッチを考えたいですね。

 

さあ、実験を始めようか。(ビルドのセリフ)

ABOUT ME
スガ
スガ
懐古厨ブロガー。 終電続きの職場から去るべく 休日返上で勉強し資格を取得し独立。 アラフォーの懐かしいネタを中心。 twitterでいろいろ交流してるのでフォローお願いします!スポンサー募集中です。良かったらメールください!