未分類

【ブロガー名刺デビュー】安っぽさあふれる名刺はやめとけ。外注をおすすめする理由

まだ名刺発注してないの?

すみません、私もしてないっすw

 

この度
ジャックさんのイベントに参加する事になったので
よし、ここでブロガー名刺デビューするぞ!
と意気込んで
デザイン考えてたりしているところ。

ところで、
twitterなどで名刺作ろうとしている人を
他にも見かけたりするけど、
職や年齢によっては

 

・まともに名刺作ったこともない
・会社で作ってくれたこともない
・もらったことも交換したこともない

 

というブロガー、アフィリエイターもいるんじゃないかと。
なら情報共有しよっかと思って書いてみた。

スガの名刺交換実績

なお、
私は、すごくたくさんってわけじゃないけど
それなりに名刺交換の機会があって、

 

・会社の仕事として相手先との名刺交換
・mixiグループの交流会
・弁護士等のセミナー
・賀詞交換会、総会
・異業種交流会
・エクスマやマーケティング本で有名な藤村正宏さんの講演会

 

ぱっとこのあたり。
営業ではないのでそんなに多くはないけど。

 

ただ、名刺交換だけでなく、
名刺自分で発注した経験もあるので
その知識、経験が役立てたら良いなと。

 

名刺の作成法は、自作か発注かの2種類

・自作
・業者に発注

 

大きく分けてこの2つがある。
私は自作したことはなく、2社に発注した経験がある。

 

自作とは、

デザインの自作という意味ではなく

紙を用意して自分のプリンタで印刷して

紙を切って作っちゃうこと。

自作キットというのがある。

印刷して切るだけっていうもの。

 

業者に発注とは、
外部の印刷業者に発注して作ること。

会社で配られるものと同じ。

 

デザインは自分で作って入稿してもいいし、

名刺作成ページにはテンプレートあるので

それを使ってデザインする方法もある。

 

気に入ったデザインがなければ

自分でデザインするか、そこも外注する。

圧倒的に発注をおすすめ

じゃあその自作と業者に発注、

どっちがいいのというところだが

タイトルの通り、

自作はかなり安っぽくなる可能性があるので
私は業者に発注することをおすすめ。

これが言いたいこと。

 

実際受け取る側で考えてみてほしいんだけど
見ただけで自作か、発注したかが結構分かったりする。
結構安っぽく見える。

自作の特徴

 

・ミシン目が見えることがある
・切り目が若干のカーブ
・薄っぺらい
・発色が平凡

 

こんな特徴がある。

 

別にええやん。自作も味があるやん。
と思うかもしれないが、

 

陶器の名刺です。醤油皿にも使えます。とか

スルメイカの名刺です。食べられます。とか

 

突き抜けて個性的な場合は面白いかもだが
やめとけ。

なんで安っぽいのはやめたほうが良いのか

 

・安っぽい人に見られる
・話が続かない
・名刺って、人にあげるものだよ?自分の物じゃない

 

人にあげるものをケチるって、いうなれば
大事な人の誕生日プレゼントケチるとかそういうことじゃない?

 

名刺って、色んな人に渡すけど
受け取ってくれる人はいうなれば仲間でありお客様かもしれないし
そんなありがたい人に対して
名刺程度のものでケチってたらあかんよ。

 

同じケチるなら
これから買う自分用のアイスの値段もっと安いのにしとけという話。
それは自分の物だからね。

ただし、最近はそれを補った自作キットもある

ただ、例外となるかはわからんけど
この前DM用ラベルを探していてたら
ミシン目がない工夫がされた自作キットがあった。

 

自作キット自体も進化していってる。

 

ただ、自前のプリンタが
すんげーハイスペック激レア星5確定ならいざ知らず
一般的なプリンタなら
やっぱやめといたほうが良い。

 

色合いが一般的なプリンタだと
やっぱり外注名刺より安っぽく見える。

 

あと、名刺重ねて名刺入れに入れたら、
裏写りしかねない。
それけっこうみすぼらしい。

ほかにも、名刺自体のクオリティーではなく
自作だから発注期限ないしいつでもいいよねーと
ダラダラとギリギリまで作らない、
年賀状がそういうぎりぎりなノリになっている場合は要注意。

そういう時ってさ、
イベント前日に焦って印刷したそういうときに限ってさ、
インク切れとか起こすんだよねー。

まさに私。

3/15の午後4時、
確定申告書コピーしたとき、印刷薄いしカラー出ないし
データ持ってコンビニまで走った、
その時の私と同じぐらいきっと焦る。

焦るっす。

アセルス。

 

業者に発注すると高いの?

自作はやめたほうが良いのはわかった、
でもお高いんじゃない?ってやつ。

私は今回入れて3社経験している。別にどれも高くなかった。
なお、出来はどれも同じような感じ、
ちゃんと最低限名刺になっていた。

 

高いかどうかは発注する業者やオプション次第かなー。
そこは予算と相談すれば良い。

 

紙とかもっとすごいの選んだり、
金箔とか文字が立体になったりとか
そもそも紙じゃないプラスチック名刺とかもある。
もうなんか見てるだけでわくわくする。
プラスチック名刺とかもってドヤ顔したくなる。

 

でもそれは高いし、
そこまでクオリティー求めなくても
最低限こなせていれば、そこに不快感を覚えることはなく
十分名刺の中身に目が行ってくれる。

じゃあ
プラスチックとかオプションの意義って何なのさって思うけど、
そこまでいけば大体が自己満足かと。

 

車に例えると、普通に車買えば大丈夫、
痛車にするのは自己満足、そんな感じ。

 

埋もれたくない、差別化したいっていうのなら
プラスチックは考えても良いかもしれない。
多分反応はある。

名刺とは、相手に届く率が非常に高い宣伝道具と心得よ

 

どっかに書いててなるほどと思った言葉。
ポストに入ってるチラシって、読まないで捨てることも多いですよね。
でも名刺って、ドラマなら無視されたり手で弾かれたり
その場で破られたりとかあるんだろうけど
普通は大体受け取ってもらえて、読まれる。

 

私は、過去に総会で、めっちゃ威張ってた人と交換した時に
ほんと私が礼儀正しくなかったんだろうね、
名刺交換お願いしますと言われたら、
めっちゃめんどくさそうで文句とかも言われたけど
それでも受け取ってもらえたよ。

 

そんなレベルでも受け取ってもらえる。
その瞬間は読んでもらえる。
そういうツール。

 

普段接点持てない人に
一瞬だけでも私のことをアピールできるチャンス。
書いている中身によっては
話がつながるチャンス。

そんなすごいチャンスなんだから
そこで自作して、安っぽいとか中身以前の話になる前に
発注して最低限のクオリティー確保して
読んでもらえるレベルの名刺にしよう。

 

まとめ

・名刺作成法は、自作と業者に発注する方法がある
・業者に発注することをおすすめ
・経験上発注で保たれる最低限のクオリティーがあれば大丈夫
・名刺は読んでもらう率が高い宣伝ツール

名刺の内容のコツもこの前教えてもらった!超ありがたい!
今度書いてみる。

ABOUT ME
スガ
スガ
懐古厨ブロガー。 終電続きの職場から去るべく 休日返上で勉強し資格を取得し独立。 アラフォーの懐かしいネタを中心。 twitterでいろいろ交流してるのでフォローお願いします!スポンサー募集中です。良かったらメールください!