未分類

三國無双の人気ないキャラに学ぶ、「みんな違ってみんな良い」ということ

三國無双のキャラは多いけど、みんな良い

三國無双って知ってますか?

もう結構ロングセラーでシリーズもたくさん出ている人気作。

三国志のキャラをシミュレーションとかでなく

武器振り回したり馬乗ったりして操作。

 

敵を切りまくったり名シーンの再現を見たり、

呂布から必死こいて逃げたり

三国志好き、ゲーム好きなら面白い作品です。

 

その三國無双ってキャラが沢山の中から選べるんですよ。

ストⅡとかは8人ぐらいだったじゃないですか、最初は。

でもストⅡのダッシュで使用できるキャラが増える。

敵オンリーのサガットとかベガとか

飛ぶやつとか殴るしかできんやつとか。

ターボで女性キャラ増えたよね。イギリスあたりの。

作品重ねるごとに増えてくる。三國無双もそんな感じ。

 

そんななかで、誰が使うのってキャラいるんですよ。

張角とか、袁紹とか、

いやそもそも横山光輝三国志とか三国志演義とかで戦ったの?と思うような

女性キャラとか。。

 

弟がやってたときは見事に放置だった。

弟は趙雲とか馬超とか関羽とか使ってました。

王道も王道ですね。

 

じゃあ張角とかいらんじゃんって思うじゃないですか。

そんな事無い。

張角は、私の一押しキャラだ。

 

なんか幻術?で炎出したりめっちゃ面白い。

やりたい放題。

 

袁紹も良い、なんか叫ぶ。弱小系の叫び好き。

女性キャラはそれは魅力高いですよね。

好きな人は好きだろう。

 

どんなキャラでも好きな人はいるというわけで

第一人者、ここでは趙雲がいるからって

撤退しなくても堂々と張角していれば良いんですよ。

そりゃ趙雲よりは少ないでしょうけど

「みんな違ってみんな良い」ってやつです。

 

ビジネスでも他とかぶるからって撤退しなくても良い

これビジネスでも同じかなと。

第一人者がいても、あきらめないでいいんじゃない?

独自色出せれば見てくれる人はいる、ファンもつくと思いますよ。

むしろ選択肢が増えるから良いですよね。

好みに合ったほうを選べるという。

 

まあ第一人者がいる、競合が多いとなれば

いわゆるレッドオーシャンなわけですが

独自色を出せれば、自分だけのブルーオーシャンになることもあり得る。

 

というお話でした。

 

三国志を語るぜ

さて、ココからは私のどうでもいい

三国志の語り入りまーすw

 

三国志って昔から人気ですよね。

うちの場合は小学校で唯一読んで良い漫画となってて

横山光輝三国志はクラスで大人気。

みんな馬超ファンだった。馬超の絵の年賀状ももらった。

そりゃ強いし兜がかっこいいけど、

私はやっぱ張任推しよ。張角じゃなくて張任ね。

わからんかなぁ。張任の良さ。

劉備の心からの説得にも応じず死んじゃったけど、

主君劉璋のために戦った猛者よ。

 

dic.nicovideo.jp

 

つうか、推しとか言っているけど

名前忘れてたからさっき検索したさ。もう忘れてたw

三國無双にはプレイヤーとしてはいないからなぁ。

 

横山光輝三国志は蜀が舞台だから蜀は割と好き。

桃園の誓いの3人では張飛が好き。

でも横山光輝三国志とKOEI三国志であんなに違うの?

関羽はどこも同じ感じなのに。

張飛めっちゃ太ってるやん。

ショックだった記憶がある。

 

あと小学校ではコミック部に在籍し、三国志4コマ書いてた。

昔からこうやってネタを表現することをよくやってる。

何故か公孫康が主人公だった。

 

ちなみに

子供同士のプレゼント交換でも中身は三国志コミックだった。

どんだけやねん。

但し中身は

呉の大勝利、呂蒙・陸遜猛攻、蜀ピンチという、

蜀ファンにはイラッとくる内容だった。

 

なお、ここで三國無双に戻すが

三國無双は弟のもので、趙雲とかはめっちゃ強くなってるけど

放置されて育ってない濃いめのキャラを私が育てることになっていた。

まあ濃いキャラのほうが好きだけど。

 

そういうわけで張角とか嬉々として使ってたんですよ。

winwinですねw

 

でも呂蒙とか残してるんですよ。蜀ファンにはイラッとくるキャラ。

癖もないのになんで残すんだよ。

 

仕方なく使ったさ。

そしてあっさり和解したさ。

呂蒙好き。

呂蒙操っての関羽戦マジで手に汗握って面白かった。

貴様こその三國無双よ。

ABOUT ME
スガ
スガ
懐古厨ブロガー。 終電続きの職場から去るべく 休日返上で勉強し資格を取得し独立。 アラフォーの懐かしいネタを中心。 twitterでいろいろ交流してるのでフォローお願いします!スポンサー募集中です。良かったらメールください!